吸気系のステップUP?


NA8Cとのエアフロの違い

NA6CEの吸気系統ですが一番気になるのはやっぱりエアフロメ−タ−です。
インジェクションの制御自体が古いのでフラップ式のエアフロメ−タ−で吸入空気質量を計量して信号を
ECUに送るタイプなので吸入空気でエアフロのフラップを開く為吸入抵抗が大きくレスポンスも悪いです。

NA8Cはエアフロセンサ−(ヒ−トレジスタ−式)で簡単に説明するとレジスタ−に温度が
一定に保つように電流を流していてその温度を保つ為に何アンペア流れたかで吸入空気量を計算します。

例えば吸入空気量が多くなると(アクセル開)吸入空気の流速でレジスタ−が冷やされ温度が下がります
温度が下がるので温度を一定に保つ為に電流を多く流しその電流を信号として使います。
逆に吸入空気量が減ると(アクセルを閉じる)流速が遅く温度が上がるので
電流を少なくして温度を下げます。この電流値が信号になってます。

もちろんNA6には使えません!

この違いからNA6CEのエアフロはどれだけ吸気の妨げをしているかご理解頂けると思います。


HKS VPC

そこで、本題ですがエアフロをなくす為にHKSのVPCを装着しました。
これは、マスフロ−方式のLジェトロから圧力センサ−方式のDジェトロに変換する物です。
ノ−マルと比べるとレスポンスは良くなり吹けあがりもスム−ズでパワ−フロ−等の
エアクリ−ナ交換とは比較にならない位効果はありました。


   

        HKSのVPC                       エアフロ無いのがわかりますか?

ただ私としては、エアフロの信号を擬似的に変換してECUに送るのでプログラムされている制御を考えると
正確な出力信号は出てこない気がしますが?
まあ使用して壊れる事もなく調子も良かったので結構お勧めです。
現在はFコンやフリ−ダムが出てますのでそちらの方が全然正確でいいですが、金額が・・・


OER4連スロットル化

次に手を出したのが、スポ−ツインジェクション4連スロットルです。
NA6CEで良く使われているのはAE101等純正の4スロ流用ですが私が装着したのは
トライアルというメ−カ−のキットのOER製でした何も考えず装着しましたがその結果いろいろ大変でした。


      

   
この傾斜具合がたまりません

まず第一に制御するフルコンが無く購入するお金も無いので取り合えずVPCで行けるかな?
ダメなら後から考えようっと装着後エンジン始動アイドルも安定して吹けあがりも普通これならいけるかも?

走行してみると大変でした低回転でボトつき黒煙が発生しひどい状態です高回転は案外気持ちよく回りました。
走行はひどいですが、ボンネットからのクオ−ンと言う吸気音は最高です。

とにかく何とか走れるようにとVPCのダイヤルをくるくる調整しましたが話しになりません。
低回転域でめちゃくちゃ燃料を吹いているようで吸気のコレクタ−タンクを改造したりいろいろやりましたが
VPCの信号ではECUのマップは変な所を読んでいるようでどうしようも有りません。
とりあえず擬似信号でも送って燃料を薄くするしかないのでHKSのGCCUで燃調をとりました
何とか待ち乗り等でも走れるようになりましたが調子は今一

フリ−ダムがほしいけど10万以上もするしロ−ドスタ−にしか使えないからな。
やっぱり4スロにしたらフルコンは必ず必要です。


SOLEX

4スロ化でフルコンを購入しようかと思いましたが、取り付け後のセッティングに
かなり苦しめられそうなのとノ−トパソコンが無いし時間も無い私にはに詰める事は困難でした。
時間が有れば挑戦して見たかったのですが・・・・
そこで考えた結果キャブに変更することに決めました。
理由は吸入面積やレスポンス 吸気音はスポ−ツインジェクションと同じ
燃調はジェット交換で簡単で時間もかからないからです

使用するキャブレ−タはSOLEX44Φです。
安く手に入りやすく単純で実績がありますウェ−バ−は少し高価で市場にも余出てこないし
エマルジョンチュ−ブ等パ−ツの種類が多く何とうりものセッティングが可能でちょっとマニアック
私の性格上セッティングでパ−ツ選択だけでも悩みそうなのでやめました。
ウェ−バ−は本当に細かく煮詰めていく人かある程度言葉は悪いですが
適当で妥協する人でないと苦労しますよ。

その他最近ではバイク用のFCRやTMR等も良く見かけます
FCRやTMRはスロットルバルブがバタフライでなくスライドバルブなので
直線的に空気が流れ吸入効率がいいですが
こちらもSOLEX等に比較すると市場に少なく高価になります。

    

  こいつがいい音聞かせてくれます!      スポ-ツインジェクションに比べるとレトロな感じ

TOP

当HPは、フレームページを使ってます。検索等で来られた方は、こちらへどうぞ