FC RX−7用4ポッドキャリパ−取付け


NA6CEのフロントブレ−キをNA8用に変更している車両は良く見かけますね。
またマルハモ−タ−社の4ポッドキャリパ−キットも最近登場しましたが価格が125000円
と抑えられていますがそれでも手が出ません。
そこで今回FC用の4ポッドキャリパ−を取付けてみました。
と言ってもワンオフは困難でオ−バ−アクトさんの流用キットを使用しました。
ロ−タ−はNB2純正の270mmロ−タ−を使用するので後々の事も心配有りません。
価格は35800円(当時)と安くキャリパ−は中古をO/Hして利用しました

ただ取付けには、FC純正ブレ−キキャリパ−を少々加工する必要が有ります
キットの中に取付け説明書も入ってますが全く素人の方はお店でお願いした方が安全です
重要保安部品の一つですから作業は慎重に最終確認点検を必ず実施してください。
以下の説明はキットの説明書の補足に利用してください。

尚取付け作業中や作業後の事故等は一切責任は持てませんので自分の責任で行ってください。

これが今回取り付けしたオ−バ−アクトさんのFCキャリパ−流用キットです。



キットの他に用意する物

ブレ−キフル−ド NB2用のブレ−キロ−タ−1セット FCかFD用キャリパ−1セット 
シ−ルキット(O/Hする場合) 
NB用ロ−タ−の品番は、N0YY−33−25Xでこれが2個必要です。
NB用ロ−タ−は直径270mmでNA6用ロ−タ−が235mmで大きさが全然違います。
中古で手に入れたFC用ブレ−キキャリパ−をロ−ドスタ−に取付けできるように加工します。

FCキャリパ−の取付けステ−部を写真のように根元根元で切断します。
キャリパ−はアルミなので今回はグラインダ−で切断しました

今回安物の鉱石を使用していたので思っていたより切断に苦労しましたが
写真のようにちゃんと切断できました。
ダイヤモンド鉱石かエア−コンプレッサ−やツ−ルを持っているのならエアソ−がお勧めです。

下の写真が切断前と切断後です。
  

           切断加工前                         切断加工後

次にブラケットを装着する時リブが邪魔になるので同じ用にグラインダ−等で削ります。(FC用)
FD用キャリパ−はリブが無いのでそのまま加工無しで使用できます。
私はリュ−タ−で削りました。



       リブを削ったキャリパ−

FCキャリパ−はブレ−キパイプが直接取り付けてあるタイプで
ロ−ドスタ−はキャリパ−にブレ−キホ−スが取り付くタイプなので
そのままでは使用できないのでFCキャリパ−のブレ−キパイプ取付け部を
ホ−スが取付けできるように平坦に削ります(銅パッキンをつけて液漏れしないようにする為)
私は、オイルスト−ンを使用して研磨しました。



  ブレ−キホ−ス取付け部を平面研磨した状態

写真のように全体的に均一に面が光るまで丁寧に磨きます
もう少し研磨していけば当たり面も大きくなるのですが平面精度が落ちるので
必要最小限で仕上げました。

加工後キャリパ−を分解洗浄してブレ−キシ−ルキットでオ−バ−ホ−ルします。
キャリパ−のシリンダ−部やピストンはブレ−キ油で洗浄します
普通のキャリパ−はピストンが一つなのでエア−を送り込んでピストンを外しますが
このキャリパ−の場合4つピストンがあるのでエア−で外せるのは
一つだけで残りの3つを外すのが大変でした。

   

  キャリパ−を分解してピストンやシ−ルを外した状態

以上でキャリパ−の加工は完成です。



 加工が終わり完成したFC用キャリパ−


NEXT
TOP

当HPは、フレームページを使ってます。検索等で来られた方は、こちらへどうぞ