ブレ−キフル−ド交換方法

ブレ−キフル−ドを完全に入れ替え交換するにはブレ−キ配管内のフル−ドも抜き取る必要が
ある為ブレ−キキャリパ−のブリ−ダ−プラグからフル−ドを抜いていきます。
当然ブリ−ダ−を緩めてブレ−キペダル踏み込めばフル−ドフル−ドは抜けますがペダルを戻した時
ブリ−ダ−からエア−を吸う為一人で作業できません。
通常は踏み込んだままの状態でもう一人がブリ−ダ−を閉めます。

そこで今回エア−抜きやブレ−キフル−ド交換が一人でもできるように
ホ−ス内にワンウェイバルブを組込んだ商品を製作しました。
単純な製品ですが本当に便利です。


制動装置は重要保安部品の一つで分解整備等は認証工場で実施するの事をお勧めします
万が一作業ミスや作業完成後の点検をしない為に事故が発生しても責任は致しません。
作業は必ず自己の責任で行ってください。
1.  まずブレ−キリザ−バ−タンク内のブレ−キフル−ドを
   スポイト等で抜き取り新しいフル−ドを
タンク内に補充
   (!この作業中は絶対にブレ−キペダルを踏まない事)

   写真A参照
   この作業は省略できますが新しいフル−ドに入れ替わるまでの
   作業時間やフル−ド使用量に差がでます。
 !ブレ−キフル−ドが塗装面に付着すると塗装が溶けるので
   塗面に付かないよう注意してください。


2. 次に実際にブリ−ダ−バルブからフル−ドを抜いていきます。
  8mmのメガネを先にブリ−ダ−プラグにセットして
  商品のホ−スをブリ−ダ−に差し込みます写真B参照
  ホ−ス差込が少しきつく感じますが押し込んでください。
  これは、作業時ホ−スが抜けないように小さめに設定した為です。
 !完全にフル−ドを入れ替えるには、4つのキャリパ−全てから
  ブレ−キフル−ドを抜き取る必要があります。

   抜き取る順番ですがマスタ−シリンダ−から遠いキャリパ−から
   作業していきす
通常国産車は右ハンドルで
   右前にマスタ−シリンダ−が装着されていますので
   左リヤ→右リヤ→左フロント→右フロントと言う順番になります。
   セットしたメガネレンチでブリ−ダ−バルブを緩めます
   少し緩めるだけでOK1回転も2回転も
回す必要は有りませんよ。
3. 次にブレ−キペダルを繰り返し踏み込んで
  ブレ−キ油を抜いて行きますが

  ブレ−キ油をきらさないないように注意してください。
  きらしてしまうとマスタ−シリンダ−にエア−が噛み
  エア−抜きが大変なので
フル−ドが少し減ったら
  タンクにフル−ドを補充する事を忘れないでください。
!ペダルを10〜15回踏み込んだら
  リザ−バ−にフル−ドを補充してください。
 車種によって異なりますが十分注意して作業してください。
 写真はロ−ドスタ− 写真C.D参照


5回踏み込み後のリザ−バ−タンク
 十分抜いたらブリ−ダ−を閉めます。
 次に作業するキャリパ−も同様に作業します。
 ホ−スはブリ−ダ−閉めてから抜きます閉め込む前に外すと
 エア−噛みの原因になります
 ブリ−ダ−を閉めすぎて折らないように注意してください。
 左リヤ−だけは少し多めに抜き取りますが、
 残りの3箇所は少し抜き取るだけで
OKです。
4. タンクにMAXまでフル−ドを補充してください。
  異常が無いか十分確認し走行後もう一度点検しください。

15回踏み込んで抜き取ったフル−ド

TOP

当HPは、フレームページを使ってます。検索等で来られた方は、こちらへどうぞ